The Enemy パレスチナ和解は永遠の夢か

 ホロコーストを通り抜けたユダヤ人なので、選民思想がさらに深まり盲目的になっているのか。親を亡くした子ども、子どもを失った親……憎しみはパレスチナの地に醜く刻まれていく。美しい土地に爆音がとどろき、黒煙が上がり……。世界中に散らばるユダヤ人社会も、今回のガザ侵攻、虐殺は見ていられないだろう。
 どれほどテクノロジーが発達し人類が文明を切り開いていけども、人間そのものの存在は何も変わらないのだと「戦争」は教えてくれる。オバマ新政権下で、米国のイスラエル政策がどう変わるか。
 『まってる。*1の作者コンビ、デヴィッド・カリ、セルジュ・ブロックが『The Enemy』で取り組んだテーマは反戦、平和。戦場で向き合った兵士ふたりが、互いの家族や生きざまを交流させるストーリーという。戦争の無意味さを、しっかり見つめたい。発売は今春。
amazon:Davide Cali
amazon:Serge Bloch

The Enemy

The Enemy