アドベント絵本計画、初日は大成功

 子どもたちの好きな絵本、わたしの好きな絵本、そしてクリスマスの絵本……。絵本の散乱する中、とにかく24の包みを作った。急いでいたので、実はわたし自身、何を入れたのかおぼろげにしか覚えていない。好きな絵本とクリスマスの絵本を半分ぐらいの割合で包んだ。クリスマス絵本を入れない包みも作った。というか、じっくり考えながら選んでいる時間がなかったというのが、ほんとうのところ。
 本だけなら入ったであろうバスケットは、包みがかさばる分、サイズが小さすぎて使用不可。そこで急きょ、息子が赤ちゃんだった頃にベビーバッグとして縫った赤い大袋を引っ張り出してきた。色が赤でよかった! これをクリスマスバッグと命名し、24包を中に入れて準備完了。
 夜、娘がさっそく一つ目の包みを選んだ。中から出てきたタイトルは、個人的に初日にぴったりと思えた2冊! 『バムとケロのにちようび』と『ぼくのおさるさんどこ? (世界の傑作絵本B)』。前者は雨の日に読書を楽しむ主人公たちを描くもので、息子のお気に入りだった。後者は文字なし絵本で、わたしを郷愁に誘ってくれたというか。みんなそれぞれほんのり昔を思い出してくれ、これからアドベント・ナイトを送る初日としてはすごくよかった。
 時間に追われていたにもかかわらず、絵本が時間を作り出してくれた。やはり絵本は時間。この時間が過ごせるだけで、アドベントにふさわしいと思う。明日は、どの絵本に出会えるだろう。
クリスマス絵本24冊を布で包むアドベントの過ごし方 - 絵本手帖

バムとケロのにちようび

バムとケロのにちようび

amazon:島田ゆか
ぼくのおさるさんどこ? (世界の傑作絵本B)

ぼくのおさるさんどこ? (世界の傑作絵本B)

amazon:Dieter Schubert