ながいながいよる 

 『ながいながいよる (大型絵本)』の原書は、けっこう気に入っていた。春を待つ冬の美しさ、厳しさが描かれ、詩的な世界に引き込まれた。
 それでこのほど邦訳がお出まし。岩波さんからで、うれしいな。雰囲気がぴったりだと思う。非常に個人的な見解。
The Longest Night 春の声 - 絵本手帖

ながいながいよる (大型絵本)

ながいながいよる (大型絵本)